ネギを巻くより簡単な手当としてのアロマテラピー

風邪をひいて熱がある、身体がしんどい、そんいうとき病院に行く前に自宅でできる手当があります。

昔の人は首にネギを撒いたり、キャベツの葉っぱ被ったり、梅干しをこめかみに塗ったりしていたと言いますよね。

最近はすっかり聞かなくなり、すぐに病院へ。ちょっと体調悪いだけで病院行った?と聞かれます。

でも移動も待ち時間も辛い。小さな子連れは特に大変。

だからアロマテラピーで手当が出来ることを知ってから、なんて楽なんだ!と思う。

必要な精油を選んで

手に垂らして

足裏や背中にヌリヌリ

以上、終わり。

家族にも自分にも、これだけできればあとは寝るだけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です